レーザーが普及し脱毛する人が増えた

  • 毛穴に器具を差し込むニードル脱毛に比べ、痛みやリスクが少ない方法として普及し始めたのがレーザー脱毛です。レーザーの光を毛穴に照射することによって毛根の働きを抑制していくものとなります。今よりも少し昔にはレーザー脱毛が爆発的にヒットし、家庭用の脱毛器なども販売されるようになりました。それより前のニードル脱毛に関しては医療機関でなければ施術をすることはできず、自宅で脱毛をする事は不可能でした。

    レーザー脱毛が普及してからは、一般的にも脱毛をする方が増えましたが、それでもやはり強い痛みに関しては仕方がない部分だったのです。今でこそ痛みの少ない方法や痛みのほとんどない方法が出てきていますが、昔はそういった方法がなく、脱毛をする際には必ず痛みに耐えるというのが当然だったようですね。また、レーザー脱毛については基本的に保険が使えるものではありませんので、ニードルに比べれば安いものの、やはりトータル的には大きなコストが必要になってしまいました。

    レーザー脱毛が普及してからは女性だけでなく、男性でも髭の脱毛をするケースなどが増え、徐々にムダ毛の悩みから解放される人が増えたようです。とはいえトータル的に考えると、やはり痛みやコストパフォーマンスの面で誰もが施術を受けられるという状態ではなく、施術を切るまでにも大きな決断をしなければならないという事態が続いたのです。